FC2ブログ

ハイコンテクスト文化と、ローコンテクスト文化

ハイコンテクスト文化と、ローコンテクスト文化というものがあります。

前者は日本などに見られるいわゆる「あ・うんの呼吸」など、空気を読んだり言わなくてもわかるコミュニケーションをとる文化と言われています。

後者は欧米などの、常に言葉によって相手に説明を行う人たちの文化です。

私はこのハイコンテクスト文化が嫌いです。

一聞いて十わかる、あ・うんの呼吸という、物事の本質を端的にわからなければ、行間を読まなければコミュニケーションはとれないのですが、それが苦手だからです。

さらにハイコンテクスト文化は、同じ方向性を持つ集団にしか効力がないそうです。

こういう経験がありませんか?
割とどうでもいいグループにいる時、気を使って話を合わせたつもりがひんしゅくを買ってしまう…という経験がありませんか。(例:職場でどうでもいい部長に話を合わせた、そんな仲良くない知人と話を合わせた)

ハイコンテクスト文化は、共通認識のバックボーンがあるから上手なバランスで成り立っています。
それは大きいくくりで言うと、「常識」というものになるでしょう。
その常識は、明文化されたものではなく場の雰囲気から感じ取らなければいけないので、これがいわゆる「空気を読む」ということになります。

一方でローコンテクスト文化は、とにかく細かいところまで説明をしなければなりません。
民族が多様な社会や、文化の異なる人々が集まった社会に多く見られる、コミュニケーションのひとつなのだそうです。
ローコンテクスト文化は、下手をすれば冗長な説明が必要となってしまうため、リロ整然と論理的に話す必要が生じてくるそうです。
まぁそれはそうですね。
文脈を組み立ててきちんと説明すれば長くても伝わりますよね。


さぁここで日本に立ち返ってみましょう。
日本は単一民族国家と言われているので(様々な概念がありますが)、ハイコンテクスト文化である事は言うまでもありません。
しかしながら社会人生活をしていると、端的に話せと言われることがあると思います。
これは、話さなければいけない内容をローコンテクスト文化の1番難しいところで行い、その話す機会を得るためには、ハイコンテクスト文化の1番難しい空気を読むというテクニックを駆使しなければなりません。

そう、日本ははいコンテクスト文化でありながら、説明するときにはローコンテクスト文化の1番重要な部分を行わなければいけないと言う、コミニュケーションにおいて非常に難しいハイブリットをしなければいけません。

しかし日本は、LGBTの方や特定の障害を持った方、さらには海外の労働者の方も多くなっています。
説明をしない、空気を読むと言う文化は通用しなくなってくるでしょう。
今のうちから、自分の意思をきちんと表明していかなければいけません。

私も日本人ですので、かなり周りの意見に流されてしまいます。
自分で自分が不安になります。笑
そして上の世代に意見をし難いという問題もあります。

ハイコンテクスト文化ではさらに、そういった空気を読めない人たちのことを「異端だ」と表してしまう傾向にあると私は感じます。

それが今回の表現規制問題であったり、共謀罪であったり、そういったくくりをつけてしまう考え方の発端なのではないでしょうか。


飯野賢治さんと言うゲームクリエイターが、Twitterを「誤解が生まれるからこそコミニュケーションが生まれるツールだ」と表しました。
(日本の場合は、炎上になってしまう可能性が高いのですが…)

否定するのではなく、え、なんで?、本当に?みたいな軽い誤解からコミニュケーションが生まれると言うのは体感としてよくわかります。

理想としては、Twitterの140字でポンポンポンポンお互い会話をしていって、理解しあうというのがわかりやすくていいのかも知れません。

能力の差や趣味嗜好、信条で人間が評価される段差の大きい社会ではなく、一人ひとりの能力が高い状態で維持できる社会を目指していきたいものですね。

スポンサーサイト



ブログの名前を少し修正しました。

ブログのタイトルを「日々納得」から、「おたおたしてます」に変更しました。

理由は、「なんだか、このタイトルだとイケてる系コンサル経営者か、胡散臭い
イケてる系経営者人っぽくね?」と、思ってしまったからです。

新しいタイトルは、私が"オタク”であることと、影響を受けた宮澤賢治の「雨ニモマケズ」
の一節「オロオロアルキ・・・」からインスピレーションを受けました。

何にもできなくても、実際に赴くことが大切だなと思います。

これからもどうぞ、よろしく。