FC2ブログ

do’nt look back in anger は、どう転がっても良い曲だったという話。

イギリスは今、混沌に満ちています。
テロの驚異に犯され、悲惨な事故が起き、EUからそのうち離脱する...。

これだけ色々あれば、本当に悲壮ですよね。
東日本大震災の時感じましたが、ひとつ国で色々あれば「国が無くなるんじゃないか?」と思うほど、悲壮な雰囲気になるものです。

でもイギリスのすごいところは、コンサートでテロがあれば、追悼の音楽フェスを開き対抗しました。
そして悲惨な事故があった後も、音楽フェスを追悼のために開きました。

日本なら消防法辺りを改正して、そもそもフェスをできなくするという、根こそぎ規制してしま事でしょう。

そんなイギリスで、今アンセム的な扱いになっているのが Oasisの don't look back in anger です。

https://youtu.be/r8OipmKFDeM

Oasisは、ギャラガー兄弟を中心にしたロックバンドで、2009年に兄弟喧嘩の末解散いたしました。
普段は、弟のリアムがボーカルを勤めるのですが、この曲は兄のノエルがボーカルを勤めています。
直訳すると、怒って過去を振り返らないで、となるこの曲。
歌詞に意味なんてないよと、コンポーザーのノエルは言いますが、今のこのイギリス人が求め感じる精神なのでしょう。
マンチェスターでのテロ以来、この曲はアンセムになりました。

テロリズムを、音楽で無力化する精神もすごいし、怒って過去を振り返らないという考えに至るのもすごい。
私には真似できないなと、素直に感心します。

そして、現地時間24日に開かれたマンション火災とマンチェスターのテロを悼む音楽式典で、兄と喧嘩したまま口もきいていないリアムが、兄のアンセムを歌いました。

Oasisのファンからしても歴史的なことですが、ロックを国が求めていて、それに応えるために有り得ないことが起きる、イギリスのエモーショナルがスゴい!

日本ではよく有事には娯楽が削られ、対応に集中しなければならない状況になります。
東日本大震災でも、熊本地震でも、影響の無かった地域まで緊縮ムードになります。

でも、イギリスではテロがあったマンチェスターで半月後にはアリアナ・グランデによる追悼ライブが行われました。

娯楽が当事者や街に、すぐ届けられるイギリスに私は感動しました。

そして何より、don't loock back in anger はとても良い曲だと改めて思います。
スポンサーサイト



いわゆる「共謀罪」と、埼玉県警による申し入れ




先日6/15早朝に、テロ等準備罪が参議院にて可決され、公布される見通しになりました。

テロリズムが世界で驚異となるアメリカの同盟国である我が国も、その驚異にさらされています。
危険な行為自体を取り締まる事は、我が国の平穏を保つ上で正しい話です。

ただ、危険な行為を計画した者を捕まえるために、わざわざ整備する必要があったのか?が疑問です。

殺人事件は、計画した時点で立証することができるのは、皆さんも承知の通りかと思います。
わざわざ、そんな事をする一般市民は希有で、ネットに殺人予告をする馬鹿者はちゃんと逮捕されているし、ネットが普及する以前から身近な人の通報で逮捕されていました。

今回、この法律が不味いのは、その「殺人事件」等という犯罪行為に当たるかどうかの酌量が、警察の判断による部分が大きすぎるという点です。